1. HOME
  2. ハンググライダーの基礎知識
  3. ようこそ、空へ

時代を超えた夢が生んだ翼、ハンググライダーが、あなたを空へと誘う。


ようこそ、空へ


ハンググライダー

はるか昔から、人類はひとつの変わらぬ夢を抱き続けてきた。 「自由に大空を飛びまわりたい」という夢に大勢の人が試行錯誤を繰り返した。人類は夢のより完璧な実現に向かって貪欲に前進し、新しい翼、強く早い翼を次から次へと生み出した。

 やがて夢はスケールアップし宇宙空間にまで達した。NASAの研究員であるフランシス・ロガロが考案した、宇宙カプセル回収用カイトに一人の男が着目した。 リチャード・ミラーはロガロのカイトで人間が飛んだら面白いと考え、自ら竹とポリエチレンシートのフレキシブルウイングのハンググライダー「バンブー・バタフライ」を製作し飛行する。 この新しい遊びが世界中の空にあこがれる人々から歓迎された。

 1975年、日本でも本格的な活動がスタートした。以来、フライト技術、グライダーの性能は驚くばかりの進歩を見せ、人類は鳥に近づいてきた。

 翼が風を切る音を聞き、全身に風を感じながら飛ぶフライヤーは、何秒か、何分か、何時間か、夢の領域に入り込む。時代を超えて生きつずけてきた夢が、美しくシンプルな翼となって人類を誘う。

ハング グライダー スクール 体験飛行 スカイスポーツ 倶楽部 タンデム ハングライダー